てんとうむしの目的

放課後等デイサービス

平日、学校終了後、同じメンバーで過ごす場所を提供し、仲間意識を養います。 日常社会訓練・生活訓練・自立訓練を実施し、個々の特徴に合わせたサポートを行います。

  1. 地域で生活している障がいを持つ方々への生活訓練・自立訓練
  2. 個別支援計画を作成し、その計画に基づく活動
  3. 仲間同士の関わりの類型化による活動

主な活動内容

  • 調理・食事
  • 個別学習(宿題の見守りなど)
  • 生活訓練・自立訓練(片付け・入浴訓練など)
  • レクリエーション(畑・公園遊び・体育館活動・音楽・創作など)
  • 自費による宿泊訓練(春・夏・年2回)

活動時間

月・水・金学校終了後〜18:30
火・木15:30〜20:00
学校休業日10:00〜16:00
土曜日(不定期)10:00〜16:00

活動の詳細はアメブロに掲載しています。

体制

  • 利用者登録人数 30名
  • 管理者 1名
  • 児童発達管理責任者 1名
  • 常勤職員 2名
  • 他スタッフ 8名
(平成30年度)

ご利用方法

  1. 利用の連絡 <相談支援事業所>
    • てんとうむしをご利用になられる際は、相談支援事業所にご連絡をお願い致します。
    • 相談支援事業所でサービス等利用計画書を作成してもらいます。
    ◎いつから、何曜日に、週何回利用するか など
    ※ご契約されている計画相談支援事業所がない場合は、「計画相談支援給付費・障害者相談支援給付費支給申請書」(別紙)を市役所に提出して下さい。

  2. 受給者証発行の手続き <市役所>
    • 1で作成したサービス等利用計画書が市役所に届いたら、受給者証発行の手続きに移ります。
    • 出来上がった受給者証は、ご自宅へ郵送されます。
    • ご自宅に受給者証が届きましたら、一度てんとうむしへご持参下さい。
  3. 契約 <てんとうむし事業所>
    • 受給者証がご自宅に届き、てんとうむしへご持参されたら契約書を交わします。
  4. 個別支援計画書の作成 <てんとうむし事業所>
    • てんとうむしでどんな事ができるようになって欲しいか、どんな事を気を付けて欲しいかなど、個別支援計画(案)に記載してもらいます。
    • 記入していただいた個別支援計画書(案)を基に、具体的にどんな支援を行うのか、てんとうむしで計画を立てていきます。
    • 完成した個別支援計画書は、ご自宅へ郵送します。ご確認後、変更がない場合は右上の?に押印後、返送をお願いします。